好きな人にとる態度 女の脈ありサイン

ハートマーク

1番わかりやすい女性の脈ありサインはラインのハートマークですね。

気がなけれまず、送らないでしょう。

特に婚活女性はハートマークに対してはとても敏感です。

情報が出回っている昨今、気もないのにハートマークを送って思わせぶりな態度をとることは、あとあとトラブルにもなりかねませんので、とくに注意していますから。

男性側にも気があればワンポイントでハートマークを使うと良いでしょう。

そこで、お互いの意思疎通を確認しあうことができますから。

でもここで注意しなくてはいけないのが、一文一文につけるような過度な使用はしないでください。

男性は紳士なイメージが大切ですから、ハートマークを連発されると女性がひいてしまう可能性があるので、さけるべきでしょう。

でも、紳士だけでは堅苦しくなってしまいますので、ワンポイントでハートをつけると、ちょっとおちゃめな一面もあるんだなと、好印象を与えます。

さらに注意していただきたいのが、間違えても男性からハートを送るようなことはやめてください。

男性の方から送ってしまうと一発アウトを食らう可能性がありますから。

あくまでも女性が送ってきたハートマークに対してワンポイントでハートで返すっていうことを心がけてくさだい。

 

電話

ラインやメールじゃなしに電話してくる場合はほぼ気があると思っても良いです。

普通女性は電話を敬遠します。それにはいくつか理由があってそのひとつに、切り時がわからないとか時間が縛られてしまうということが考えられからです。

ラインやメールという選択肢があるにも関わらず電話をしてくるということは、かなり脈ありのサインと言えるでしょう。

声がききたいとか、もっと仲良くなりたいという表れですので、時間の許すかぎり付き合ってあげましょう。

長電話のときの会話では、ゆったりとした間をとりながらリラックスして話すことをおすすめします。

あまり質問 回答 質問 回答を繰り返しているとかなり疲れますから、一般の夫婦がリビングで話すような内容で良いでしょう。

テレビ番組がどうやったとか、明日の天気は。。とか

たわいもない話でじゅうぶんです。

ボディータッチ

次にわかりやすいのは、ボディータッチです。

これに至っては、ボディータッチが癖になっている女性もいるので、本当の脈ありサインかを見極める必要があると言えます。

間違えても男性からのボディータッチはやめておきましょう。

ほとんどの女性が男性からのボディータッチは性的な下心として受け取られるので、嫌われてしまう可能性が高くなります。

男性からのボディータッチは深い仲になってからにしましょう。

 

声のトーンが高いってことも脈ありの要素となっています。

女性は好きな人を目の前にすると、緊張で無意識に声が高くなってしまいます。

また高い声は男性からも好かれやすく、本能的に守ってあげたいという保護欲求が働くことがわかっています。

たまにぶりっ子で、高い声を出す女性がいますが、あれは自分が可愛く思われたという意思で、脈ありサインとは全く別物でしょう。

地声で話してるときは自然な状態で、地声よりも低いトーンの時は何か気に入らないか気分が落ち込んでると言えるのでそこは敏感にキャッチしてあげることが大切です。

あと女性からの質問が多いってこと。

間違えられがちですが、お見合いの席での質問責めは、沈黙を逃れるための質問ということもありえるので勘違いしてはいけません。

自分のことをたくさん話してくれるのも脈ありサインの表れだといえるでしょう。

単なる雑談だけではなく、自分のこと、仕事場でのこと、家族の話等、自分のことを解ってもらいたいというサインといえます。