好きな人にとる態度 男の脈ありサイン

LINE

連絡をとるツールとして時代はメールからラインに変わりつつありますが、メールの時は速さというより長さが重要でしたが、ラインでは、長さより速さが重要となっております。

メールよりも手軽に開けて素早く返すことができる、ゆえにやはり速さが重要になってきます。

質問がない。ハテナマークがないからと言って脈がないわけではありません。

こちらがラインして素早く返ってきたら大いに脈ありといえます。

おそらく男性はラインのラリーがやりたい可能性が高いでしょう。

好きな人とは出来るだけ密に関わっておきたいものです。

女性から質問して、素早く答えだけ返ってきた。。

もう一度だけ質問してあげても良いでしょう。

そして、また答えだけの時は少し時間をあけてみましょう。

男性も気づくはずです、会話が一方通行になっていたと。。。

時間をあけたあと、男性の方から質問できたらさらに脈ありと言えるでしょう。

ラインでは内容や長さよりも速さがもっともわかりやすいサインとなっています。

デートの日程調整

デートの日程調整がスムーズに組めることも大きな脈ありサインといえます。

例えば土日ならいつでもオッケーです。とか、この日以外は全部オッケーですとか。

あなたが、本命ですよ。って言ってるようなものでしょう。

逆に本命以外の第2候補第3候補なら、このような、ききかたはしないはずです。

まず第1候補から優先的にスケジュールを、埋めていきますから、もしその月は第○土曜日のしかも、お昼しか無理です。

このような言い方だと、本命でない可能性が高いと、思っても良いでしょう。

デートプラン

男性は本命女性とのデートとなると、プランを練りに練ってくるものです。

例えばドライブデートなら、この店に寄ってお茶して、この観光地へ行って夜景のみえるレストランを予約しといてなど。。

お迎えにしても女性の出やすい場所、もしくは女性の家まで迎えにいくはずです。

逆に男性が出やすい場所、女性にしてみれば、行きにくい場所を待ち合わせにされると、第1候補とは、いえないでしょう。

やはり、本命の女性には楽しませたいというサービス精神がはたらきますから。

会話の内容

会話の中であまり女性に関係するような話がでてこない。

元カノの話とか、女優の○○ちゃんって可愛いよねーとか、本命の女性にはそのような話はさける傾向にあるでしょう。

女性は嫉妬心が強いと、認識している男性が多いですから。

自分から女性の話題を出してきたら、それは、友達感覚である可能性が高いといえるでしょう。

あと、女性が話すことに同調してくれると言うことです。

決して否定はせず、女性が発した言葉に常に肯定的に返してくれるなど、女性に同調すると本命である可能性が高いといえます。

あー気持ちわかるーとか、それいいよねーなど、全てを肯定的に返すことを心がけているでしょう。

例えばカフェで女性がアイスコーヒーを頼んだとして、すかさず男性も同じものを頼むこと、つまりこれも同調行動といえるでしょう。

女性からすれば、この人気が合うなーって思いますから。