結婚適齢期の男性が考える結婚のメリット デメリット

男性の結婚適齢期

結婚適齢期とは結婚するのに適切な年齢の範囲のことを詠っております。

男性の結婚適齢期は一般的に30歳前後とされています。

何歳から何歳までに結婚すると結婚適齢期になるというような、定義はございませんが、あまり若すぎると経済力の問題や、会社員ですとまだまだ若手と判断され、大きな仕事も任されていないということがほとんどの割合をしめているといえます。

歴史を遡ること江戸時代、男性は15歳で弟子入りし10年で一人前とされていまいしたので、結婚適齢期は24歳から25歳とされていました。

それかた、ずっと右肩上がりを続けてきた結婚適齢期は現在では30代の大台に乗っております。

これも時代の流れなのでしょうか、生涯未婚率と関係が深いとされています。

男性は損得感情に流されやすい生き物とされておりますのでデメリットいわゆる損の部分が強いので結婚しない人が増え結婚適齢期の年齢が底上げされているといえるでしょう。

ではデメリットとはどのようなことでしょうか。

結婚するデメリット

 

1  自由がなくなる

これはいうまでもなく結婚とは家族を持つことなので、家族を持つことによって自分の自由の時間はもちろん圧迫されるということになります。

 

2  お金がなくなる

結婚=家族を養うっていうことになりますので、今まで趣味などに費やしてきたお金ももちろん家族の生活費に消えるということになります。

 

3  空間がなくなる

結婚は家族が増えるということになりますので、もちろんその分人口密度が増えるということになります。奥さんと子供と一緒に川の字になって寝る等という言葉もありますが、家族が増えるということはその分自分が独り占めしていた空間も圧迫されてしまうということになります。

 

4   揉め事が増える

誰も一人で喧嘩ごっこをする人はいません。夫婦も元々他人同士、人と人なのでそこには摩擦が生じます。順風満帆な生活を送ることができればそれが何よりですがそんな簡単なことではないでしょう。

 

5 家族を持つことの重圧

結婚する=家族を持つとなると 家族の人数が増えるにつれて、頑張らなくてはいけないという重圧を背負うことになる。

 

結婚するメリット

1  自分の変化に気づいてくれる

一人でいるとなかなか自分の変化に気づかないことが多々あります。例えば顔色が悪い等、病気の早期発見に繋がることもあります。

衛生面においてもムダ毛を発見できたり、清潔感を保つこともできます。特に男性は身だしなみに無頓着になりがちなので、既婚者と独身者では大きな違いがあるといわれています。

 

2  社会的信用を得られる

会社員なら独身の場合ですと、出世しにくいということが現実的にあります。差別問題の観点によりあまり表向きにはされてはおりませんが事実上課長以上の役職は独身者には与えないと方針の会社も多々存在しているのも事実です。

社会的信用を得られるということに重ねて家族手当、子供手当が支給されますので給料アップに繋がり、毎年のベースアップも独身者より既婚者の方を優遇している会社が多く存在しております。

3   プライスレスの幸せを感じられる